マキノは、「家を生き返らせるプロ」です。〜住宅改修リフォーム工事 完成インタビュー〜

1. 4年前のリフォーム工事で、とても安心だったから。 2. 空間を活かさないと、もったいない。
3. 「交換ノート」で、“心残り”は無し。 4. コミュニケーションから生まれた、「みんなの家」。
5. 完成----。家が生き返り、人が元気になる。 6. 自信を持って、おススメできます。
7. お父さんが家の真ん中に。お母様の喜び。 8. 館長・宮下から御礼のメッセージ。

7. お父さんが家の真ん中に--。お母様の喜び。

お母様:息子達4人が台湾にいっている間も、多田さん(マキノのコミュニケーションスタッフ)月に1度、訪ねてくれるのが嬉しくてねぇ。 (今回のリフォームは)息子夫婦に全部お任せでしたけど、2人がマキノさんと一緒になって頑張ってくれて、素敵な家に生まれ変わりました。
木の柱など、ところどころに、お父さんが建てた家の面影が残っていて、それを見ると、この家でお父さんや子ども達と暮らして来た日々を、時々想い出します。 私の部屋にお父さんのお仏壇を置けるようにしていただいて、ちょうど「お父さんが家の真ん中にいる」ようになって、それが一番嬉しいです。
外出しない限りは1日中、この部屋にいます。お仏壇の下を布団が収まるようにしていただいたので、寝るのもこの部屋で。1日中暖かいし、いいですよ。おかげ様でねぇ。 風通しが良くなったので、夏の涼しさが楽しみ。裏の山からいい風が来るんですよ、ここは。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 最初 | 次のページへ >>

施工事例

   
   

このページの先頭へ